コンセプト

 熊本県小国町・杖立は、開湯以来1700年を誇る温泉街ですが、バブル期をピークに観光客が減り続け、同時に過疎化も急速に進行しています。しかし、昭和中期頃には、他の地域では真似が出来ないほどの、ハイカラで粋な文化が築かれていました。 「福岡の奥座敷」と呼ばれ、都市の人たちがうらやむほどの生活文化(=ライフスタイル)が、杖立で実践されていたのです。


 「ライフステーション 杖立ラボ」とは、今一度、杖立温泉街にハイカラで粋なライフスタイルを取り戻すために、設立されたまちづくり機関です。2004年3月に九州工業大学・景観工学まちづくり研究室と小国町が協力して策定した「杖立景観整備基本計画」に基づき設立されました。
 2004年4月に学生(当時)が移住し、研究室と連携しながら、各種公的事業に関して町役場・事業者・住民間の情報の共有・コーディネート(ガバナンス)を主業務として行ってきました。また同時に、観光客への情報発信・ブランディング・地域資源を活かしたイベントの実施・地域内外のまちづくりを担う人材の育成等、まちづくり全般の企画・実践も行ってきました。
 また、当時パチンコ遊技場だった空き家を再利用し、デザイン・オフィスを設立し、大学や設計事務所、地域住民と協力しながら、まちづくりやデザインの相談・学習ができる場として、時にギャラリーやショップとして、開かれたオフィスの運営をしてきました。
 2009年6月、オフィスを温泉街内のアパートのに移転。現在は、オフィスの開放はしていませんが、まちづくりは引き続き実践しています。杖立温泉およびまちづくりの最新情報は、杖立温泉観光協会のホームページをご覧ください。


運営責任者:
 田北雅裕(九州大学大学院 人間環境学研究院 専任講師

オープニングに関わるプレスリリース:
 http://lab.tsuetate.com/opening.pdf (190KB・A4サイズ3ページ)

連絡先

ライフステーション 杖立ラボ
 mail:info@trivia.gr.jp (田北雅裕)
 url:http://local-design.jp